はじめてのハワイ。

はじめてのアメリカ。

文化も人も違って、かなり衝撃的な印象を受けた人もいるのではないでしょうか。

ハワイは、歴史的にも日本からの移民を受け入れてきたこともあり、比較的日本文化と融合している部分も少なくないのですが、アメリカ本土などへ旅行するとさらに文化の違いがはっきりわかります。

次の旅行は「ハワイにもう一度!」 というのもいいですが、「ロサンゼルスに行ってみよう」 「フロリダのディズニーワールドで遊んでみよう」 という計画もいいかもしれませんね!

そして気に入れば、アメリカで働くという選択肢も、あなたのキャリアに入ってくるかもしれませんよ。

アメリカで働くためには、ビザを取得しなければいけませんが、若いうちなら J ビザによるインターンシップ、キャリアの人は H ビザを取得して本格的に働く、という道などがあります。

職場環境も日本とアメリカでは全く異なり、勉強になります。

よく 「日本人は働き者。アメリカ人はバケーションをたくさん取って、あまり働かない」 という言われ方をしますが、それが必ずしもそうではないこともわかるかもしれません。(日本人が働かないというより、アメリカ人もよく働きます。アメリカは先進国の中でも祝日・バケーションは少ないです)。

ご要望が多ければアメリカで働くことについても、書いてみたいと思います。

ちなみに、僕は以前海外で働く人の特集で雑誌 「Mr. Partner」 に載りました~。

スポンサーリンク

 

 

小山圭介 だどさん
1973年生。仙台出身。北大工学部卒。シアトル、ダラスでの某米系企業の駐在員生活を経て渡米。ハワイからカリフォルニアへ。現在、ロサンゼルス在住
» 詳細なプロフィール

スポンサーリンク