前回ハワイ語の一回目として、アロハとかマハロとかを取り上げました。

それから、地名としてワイキキも取り上げました。

今回は、地名についてさらにもう少し取り上げてみたいと思います。

ワイ=水

ハワイ語で 「ワイ」 は 「水」 を表します。

「ワイキキ=湧き出る水」 というのは前回お話したとおりです。

さて、アラワイはどんな意味でしょうか?ワイキキにはアラワイ運河とかアラワイ通り(ストリート)がありますよね?

実は 「アラ」 というのは 「道、道路、通路」 を表します。

そこで、 「アラ・ワイ」 で 「水路」 の意味になります。

アラ= 「道、道路、通路」

「アラ」 が 「路」 だ、と今説明しました。

そういえば、 「アラ」 といえば 「アラモアナ」 というのもありましたね?

それでは 「アラモアナ」 はどんな意味でしょうか?

「モアナ moana」 は 「大海、大洋」 の意味です。

そこで、 「アラ・モアナ」 で 「海路」 の意味になります。

ちなみに、 「モアナ」 は 「大きな海」 でしたが普通の 「海」 は 「カイ」 です。

カイ= 「海」

「カイ」 が付く言葉といえば、 「ハワイカイ」 「ラニカイ」 などがあります。 「ハワイ・カイ」 はそのままハワイ海(?)になりますが、 「ラニ・カイ」 のほうはどうでしょうか?

ラニ (lani) は 「天国のような」 という意味です。ですから、 「ラニ・カイ」 は 「天国のような海」 という意味になります。

地名にも意味があって面白いですよね。

スポンサーリンク

 

 

小山圭介 だどさん
1973年生。仙台出身。北大工学部卒。シアトル、ダラスでの某米系企業の駐在員生活を経て渡米。ハワイからカリフォルニアへ。現在、ロサンゼルス在住
» 詳細なプロフィール

スポンサーリンク