空港会社のカウンターで飛行機のチェックインを済ませたら、出国手続きに向かいます。

空港はどこで混雑するかわかりにくいですから、なるべく早め早めに飛行機の搭乗口に向かった方が良いです

昔は出国カードなるものを書きましたが、今は、特に何も必要なくなりました。

出国手続きでは、決められた場所に並びます。基本的に一人ひとり審査するので、次の人は足元に線の引かれた位置にて待ちます。夫婦の場合は二人同時に審査する場合もあります。これは出国審査官の指示に従ってください。

出国審査官に飛行機の搭乗券とパスポートを見せるだけです。

ここではもちろん日本語ですから、緊張することは何もありません。

尚、このように空港では、日本でもハワイでもパスポートと航空券を何度も見せることになります。パスポートと航空券は常に携帯し、求められた場合にすぐに出せるようにしておいてください。かつ、落としたら大変なので、十分気をつけてください。

出国手続きが終わり、ゲートの向こうへ行くと、そこは日本を出た後の日本です。

免税店はそこにあります。(そこにしか無いわけではありませんが)

搭乗口の前まで来ても、お店や食べるところなどはあります。

スポンサーリンク

 

 

小山圭介 だどさん
1973年生。仙台出身。北大工学部卒。シアトル、ダラスでの某米系企業の駐在員生活を経て渡米。ハワイからカリフォルニアへ。現在、ロサンゼルス在住
» 詳細なプロフィール

スポンサーリンク