海外旅行の準備といえば、スーツケースはあったほうが良いです。

ここではスーツケースの選び方についてご説明します!

ヒルトンのオーシャンビュー
写真: 心が癒されるヒルトンからの絶景・オーシャンビュー

なぜスーツケース?

手荷物として飛行機の機内に持っていけるならば、普通のかばんに荷物を入れていっても良いと思います。 ですが、飛行機で荷物を預け入れる場合は旅行用のスーツケースの方が無難だと思います。

それはなぜかというと、たいていアメリカの空港での荷物の取り扱い方は少々乱暴だからです。

私の経験からいえば、「投げられる重さのカバンは、全てブン投げなれる」と思っていたほうが良いと思います (苦笑)

私はノートパソコンを入れたスーツケースを、1メールほど放り投げられました。幸い、衣類がクッションになったためかパソコンは無事でしたが・・・。

こんな経験を経て得たスーツケース・カバンの選び方をご紹介します。

失敗しないスーツケースの選び方

1週間程度の旅行なら小さなスーツケースで十分

海外旅行、というと大きなスーツケースをゴロゴロ引いているイメージがあるかもしれませんが、 一週間程度の旅行ならそんなに荷物も要らないはずです。

それに荷物がたくさんになったら、スーツケースをハワイで買って、それで帰ってくればいいですし。

このくらい↓のサイズのスーツケースは、機内にも持ち込める程度のサイズでとても便利です。

私はバゲッジクレーム (荷物のピックアップ場所) で待つのも時間がもったいないと思ってしまいますし、 なるべく機内に持ち込むようにしています。

1週間以上の滞在、家族連れでは大き目のスーツケースが便利

二人以上での旅行となると、どうしても荷物は増えてしまいますよね。1週間程度の旅行でも二人合わせると結構な大荷物になりがち。

この場合は、大きめのスーツケースを用意すると良いでしょう。積み重ねができるように、ソフトタイプよりハードタイプが良いでしょう。

それから選ぶポイントで私が一番重要視するのは、「軽いスーツケース」 であること。

そして・・・、ちょっと言葉では説明しにくいのですが、持ち運んだ時に横向き方向に倒れるタイプは避けたほうが良いかもです。 うまく言葉で説明できないので、下の図を見てください。

左側のスーツケースは持ち運ぶ時に、横向きに倒れています。 私もこのタイプを以前使っていましたが、持ち運ぶ時にすごく重かったです。 右側のように、スーツケースを立てたときに広い面が倒れるタイプだと、比較的楽なようです。

ノートパソコンを持ち運ぶ時

ノートパソコン (アメリカでは「ラップトップ」といいます) を持ち運ぶ時は、 必ず手荷物で持ち運びましょう。

スーツケースと手荷物用のカバンの二つになってもいいので、パソコンは手荷物で機内に持ち込んだほうが安全です。

スーツケースベルト

よくスーツケースをぐるっと一周巻くタイプのベルトをしている姿を見かけますが、私が思うにはあれはやめた方が良いと思います。

あのバンドを巻くことで、

「このスーツケースは日本人のスーツケースですよ!」

と宣言しているようなものです。セキュリティ上よくないと思うので、私はつけていません。

鍵について

また、アメリカでは飛行機で荷物を預ける時は安全上の理由で、施錠してはいけないことになっているので、 気をつけてください。施錠していると、逆にスーツケースの鍵を壊されてしまいます。

スポンサーリンク

 

 

小山圭介 だどさん
1973年生。仙台出身。北大工学部卒。シアトル、ダラスでの某米系企業の駐在員生活を経て渡米。ハワイからカリフォルニアへ。現在、ロサンゼルス在住
» 詳細なプロフィール

スポンサーリンク